MENU

痩せたいあなたに…超カンタンなダイエット方法をボクサーが伝授!


ダイエットの達人といえば、ボクシングをやっている人をまず思い浮かべる人は多いと思います。
厳しい減量というイメージはボクサーにはつきものです。
アマチュアであってもプロであっても、試合当日の減量に失敗した…という人の話を聞いたこと、あるにはありますが頻繁には耳にしませんね。

ではどうしてボクサーはダイエットと同じ減量を成功できるのでしょう?
きっと何か特別な方法があるのでは、と思いますが実際は本当に厳しい食事制限や運動を続けている事が殆どの様です。

しかし数多くのボクサーが減量に成功している理由は、比較的簡単にできるからではないか?という疑問を捨てずにはいられませんでした。
色々と調べてみると普通の人とボクシングをやっている人との違いがいくつかわかりました。

まず共通点としてあげられるのは、ダイエットも減量も体脂肪を減らして体重を落とす、という事になります。
言い方さえ違いますが、やっている事は同じだ!という事になります。
相違点でいうと、減量は「体重を落とす事に専念する」ダイエットは「体脂肪を減らし見ためをスッキリさせる」といった感じです。
軽量時にさえ体重が落ちていればいいのがボクサーですが、ダイエットをする人の目的は見た目も気にしているワケで、ポッチャリしていては失敗だといえるでしょう。

つまり見た目のバランスをよくするのがダイエットなワケですから脂肪を落として健康的になる!という見方もできると思います。
逆に無理にムリを重ねたやり方がボクサー式ダイエットととれるかもしれません。
なので個人的にボクサーの減量を真似たダイエットをしようというのは体にも危険なのでお勧めはできません。

ただし色々なボクサーの話を良い部分だけ抜き出してみると、以外に簡単に真似できる、そして効果的に短期間でも体重をムリなく落とせるのでは?という方法もありました。
今回はそんなおすすめできそうな、ボクサー式ダイエット方法についてまとめてみたいと思います。


とにかく1日に何度も体重計に乗る

ボクサーが自分の体重を正確に目標へと近づける事ができる方法のひとつに、体重計に乗る!という方法があるそうです。
これは実に簡単ですね!誰にでもできます。
そして測った体重はきちんと全部を記録する事だそうです。

まずは朝起きたら計量し、朝ごはんを食べた後、そして…色々です。
これを続ける事でいつどうしたら、どれだけ変化があったかを把握し、体重や食べ物の重さなどに敏感になるのだそうです。
そして数グラムの違いを自分でわかるようにもなるとか!?

変化を知る事で自分の体重を常に意識するようになるためか、自然と痩せる事前提で何でも物事を考えるようにもなるはずです。
これにより、無意識のうちにどんどんダイエットへの意欲が湧いて痩せることへ向かって考えるようになるのです。
それによって、体重だけでなく体脂肪を測ることもすごくメリットがあるらしいのでお試しください。


食事制限は当たり前だけど失敗するのは継続率がないだけ!

ダイエット経験者ならもうおわかりでしょうが、ダイエットをするには食事制限は必須です。
やり方として一般的なのは食事の回数を制限する、つまり減らすことでしょう。
あとは1回の食事量を制限する、この2つだと思います。

実は食事制限をしている人の多くは初めから一気に減らしてしまうことが多いようです。
つまり負担やストレスが一気に自分に襲い掛かってくるワケですね。
でもこれは失敗のはじまりです!
人は自分で思うより強い動物ではありませんし、意思の弱い動物なのです。
だからムリが続くとすぐに失敗したと諦めたり投げ出してしまうのです。

つまり…
食事制限をして失敗している人の多くは、持続率が足りないだけ、という風に捉えられるボクサーの方がいました。

また体重は一定期間どんなにカロリーを抑えた食事をしたとしても急に落ちるものではありません。
人間の体は本当によくできているもので、カロリーを減らした場合、それを必要だと判断するまで待機しているのだそうです。
その間はどう我慢しても体重は減らないのです。

しかしその期間中に制限した食事を元に戻してしまうと、体はカロリーを蓄えようとしてさらに余計な量を欲しがってしまうといった仕組みなのです。
これで失敗し、さらにリバウンドといった最悪の結果が生まれるワケですね。



ではどうすればいいのか?

体重を確実に落とすには、ある程度の時間をかけて、ゆっくりと確実に1回の食事量を減らしていくことがおすすめです。
回数を減らすのは思っている以上に効果が出ません。
できるだけ簡単な食事制限として、1回の食事量を少しずつ減らすことを心がけるといいです。そして自分のとってムリのかからない程度の、できるだけ自然な形でやるといいと思います。

他にはコーヒーを飲む場合にはブラックにする、カロリーを抑えた飲み物をとる様にする、などです。
炭水化物をとらない、というのは誰もが知っていることだと思いますが、これも急にゼロにするよりも、少しずつ量を減らして1カ月後に半分くらいになるようにするといいでしょう。
おかずのバランスも考えた上で全体の量を減らし、ご飯の量を半分までにする…
これで1カ月後、見違えるほどの効果が出ているはずです!